Toshiya Fujita.jpg

TOSHIYA​ FUJITA

代表取締役

藤田俊哉(ふじた としや)

1971年10月4日、静岡県生まれ。清水商業高校、筑波大学を経て、1994年にジュビロ磐田に入団した。主力選手として、リーグ優勝3回、アジアクラブ選手権大会優勝1回という磐田の黄金時代を築き上げた。2001年にはMVPを獲得。2007年にはMF登録初のJ1通算100得点をマークした。2012年6月に現役引退。日本代表としては国際Aマッチ24試合に出場し、3得点を挙げた。引退後は指導者として14年、オランダ2部のVVVフェンロのコーチに就任。16-17シーズンで2部優勝し、1部昇格に貢献した。2017年にイングランド2部のリーズ・ユナイテッドの強化部入り。2018年9月からは、日本サッカー協会のスタッフとなり、技術委員会の欧州駐在強化部会員として日本代表の強化に携わっている。